SHRMよりメッセージ

シャームの活動は、より良い人事マネジメントをグローバルレベルで実現していくことです。

この度、シャームエッセンシャルズプログラムが日本語化され、ふみ江が代表理事を務める人事資格認定機構を通じて、日本の人事プロフェッショナルの方々にシャームの教育プログラムと資格認定を提供できることは。大変画期的な事です。

また、私自身この素晴らしい取り組みに関わることができるのは大変な名誉です。

 

シャームエッセンシャルズプログラム(英語版)はこれまで、世界165ヵ国において5万人の受講実績のある、大変権威あるプログラムです。

グローバル人事プロフェッショナルとして活躍するためには、核となる人事知識が必須です。シャームのプログラムでは、コンピテンシーモデルとして体系立て、そのコンピテンシーモデルに基づいてプログラムを構築しています。

あなたがCHROであれば、「あなたの人事組織において何が最も重要ですか?」

私はこれまで長年、この問いを世界中のCHROにしてきました。

現在のコロナ渦対策、ダイバーシティーアンドインクルージョンの推進、優秀な人財を獲得し継続的な組織の成功に貢献してもらう。

こういった経営課題に取り組むにあたり、人事としての役割を果たすために必要な事はなんでしょうか?

その答えは明白で、「人事の専門的知識を習得している人財がそろっている」ということです。

シャームエッセンシャルズプログラムは世界基準の人事の専門的な基礎知識の習得に最も適したプログラムであり、既にその価値が世界的に認知されています。

 

これから、日本の皆さんが日本語でこの素晴らしいプログラムを受講できることは、グローバル人事プロフェッショナルにとって朗報となるでしょう。

これから、ふみ江が率いる人事資格認定機とシャームとのパートナーシップをますます発展させ、日本のグローバル人事マネジメントの躍進に共に貢献できることは、本当にエキサイティングで名誉なことです。

シャームの教育部門総括オフィサー アレックス・アロンゾ

(人事資格認定機構設立記念ビデオメッセージより抜粋、日本語訳:HRAI事務局 山内崇

 


人事資格認定機構(HRAI)のパートナー母体である、シャームSHRMSociety for Human Resource Management)のCEOジョニーテイラー氏が、全米のプロフェッショナル組織団体が選出する2020年度年間CEO大賞に選出されました。

テイラー氏は、職場環境におけるイノヴェーション、HRプロフェッショナルが組織の中枢を担うテーブルにつくこと、より公正な職場環境、そしてHR職種の強化の推進に功績が認められました。

 

SHRMによるプレスリリース】

https://www.shrm.org/about-shrm/press-room/press-releases/pages/shrm%e2%80%99s-johnny-c-taylor-jr-named-professional-society-ceo-of-the-year.aspx

 

ALEXANDRIA, Va., March 8, 2021 — Johnny C. Taylor, Jr., SHRM-SCP, SHRM President and CEO, was named Professional Society CEO of the Year by CEO Update for his work towards fostering workplace innovation, securing a seat at the policy table for the HR professionals, creating more equitable workplaces, and elevating the HR profession.

This year’s Association Leadership Awards recognized Taylor, Jr.’s accomplishments including the Together Forward @Work initiative, a call to action for racial equity in the workplace, providing HR professionals with resources that enabled their organizations to effectively navigate the pandemic, and advancing federal policies that benefit the world of work, workers and the workplace.

Being in the people business, Taylor, Jr. is a sought-after expert and voice of all things work, known for charting the way forward through both crisis and uncertainty. He connects ideas to the HR profession and is sparking conversations about the future of work.

Under Taylor, Jr.’s leadership, SHRM has increased appreciation for the role that continues to experience transformative change and spurred innovative thinking. The members of SHRM are better equipped and prepared to face the most daunting challenges facing organizations. 

“If 2020 has taught us anything, it’s the importance of leading with empathy and fostering workplace cultures where people can bring their most authentic selves to the office. When we have empathetic people managers, HR and workplaces, we have an opportunity to make an impact that will be felt in homes and communities—and around the world,” said Taylor, Jr. “In a time of challenge and change, I’m honored to accept this award and will continuously strive to help build a better world of work that works for all.”

CEO Update, a leading publication for executives and association news, launched the Association Leadership Awards in 2014 to honor individuals who have demonstrated exceptional leadership skills throughout their career.

Media: Contact Mallory Flynn at Mallory.Flynn@shrm.org and 703-535-6082 or Julie Hirschhorn at Julie.Hirschhorn@shrm.org and 703-842-5152

About SHRM

SHRM, the Society for Human Resource Management, creates better workplaces where employers and employees thrive together. As the voice of all things work, workers and the workplace, SHRM is the foremost expert, convener and thought leader on issues impacting today’s evolving workplaces. With 300,000+ HR and business executive members in 165 countries, SHRM impacts the lives of more than 115 million workers and families globally. Learn more at SHRM.org and on Twitter @SHRM